医師求人に問い合わせた後、違う病院からオファーが!

求人会社に問い合わせをしてみました

医局人事で病院を転々としていました / 求人会社に問い合わせをしてみました

とにかく何とかこなしながら新しい勤務先での仕事が始まりました。
仕事は忙しくはないものの、部長のやる気なし、責任取らず、とにかく自分の保身に終始する始末でした。
この状況で頑張れと言われても、もうできませんという状況に追い込まれ医局を退職することを決意。
求人会社に問い合わせをしてみました。
自分の希望する勤務地、現在の年収を下回らないことなどを条件に近隣の病院に求人があるかいろいろ問い合わせてみました。
なかなかいい条件が見つからず、もう一年だけ医局人事のまま残るかと思っていた矢先に突然職場に電話がありました。
自宅近くの病院からうちに来ませんかというものでした。
どうして自分が転職活動していることがわかったのか不思議でしたがオファーされた場合は少し条件を上げて聞いてみてもいいのではないか、また思ったより早く職場が変えられるかもしれないとの期待から話を聞いてみることにしました。
もし条件が合わなければ断ればいいし、おかしな会社だったらすぐ撤退すればいいという軽い気持ちもありました。
話を聞いてみるとやはり人手不足は深刻で医局人事で人手が足りている病院とは状況が違うようでした。
今の病院よりはやりがいもあるだろうと思い、病院見学まで行き、理事長、人事部長との面接に臨みました。
こちらの条件も給料、勤務形態などある程度譲歩してくれてとりあえず持ち帰り、妻とも検討。
当直が減ること、給料も少し増えること、何より日曜日には短時間の出勤はあるもののかなりの時間が取れることになりました。
医局側にも退職の意思を申し出て一応、円満に退職し、そのままその病院に職場を移ることになりました。
結局、求人情報に個人情報を話して病院側が私個人を特定できたため、調査もしたのちにオファーをしてきたようです。
こんなこともあるのかと思いましたが、結果的には医局人事から抜け出ることもできてよかったと思っています。

医師 求人兵庫県の医師求人特集